TEL:052-779-2300

9:30-12:30/14:00-18:30 土日休診

〒465-0015 愛知県名古屋市名東区若葉台1015

BLOG ブログ

⚠️6歳の過剰歯【閲覧注意】

過剰歯…本来は存在しない歯。骨の中に埋まったまま存在している場合を、特に埋伏過剰歯(まいふくかじょうし)と呼ぶ。

以前、「⚠️幼児の過剰歯を抜く」という記事を書きましたが、それなりに反響があって、何件か問い合わせを頂いていました。
先日、そのうちの6歳の男の子が春頃からのトレーニングを終え過剰歯の抜歯をしたので、ご紹介を。

さて、問い合わせをいただいた患者さんはどれも同じようなストーリー。

 

かかりつけの歯医者さんで埋伏過剰歯発見
👇
病院の口腔外科へ紹介
👇
全身麻酔での抜歯を勧められる


この全身麻酔の”おおごと感“と”0ではないリスク“に、どの親御さんも悩まれ
「避けられるモノなら避けたい」
という思いが出てくるのは理解できます。

そもそも「過剰歯自体は永久歯の生え変わりに影響を与え、キチンと生えてこないカモ知れない」
というのが抜かなきゃならない理由なのですが、本当に急いで今すぐ抜かなければならないのでしょうか?
急いで抜くなら確かに全身麻酔ですが、時間的に猶予があるのならトレーニングして抜くこともアリなのでは?というのが当院の考え方です。

今回のケースでも全身麻酔下での抜歯を提案されたものの、親御さんは悩まられて相談にみえました。初日にちょっと口の中をみさせてもらったり触ったりして、お子さんの反応(拒否感)をみるのですが、そこまで警戒心は強くなさそうだったのでトレーニングしての抜歯を提案したのです。
結局、親御さんと相談し、3ヶ月トレーニングと準備期間を設けて、夏休み前に抜歯する計画を立てました。

こうして迎えた今月上旬。これまでに麻酔や型取りや器具などのハードルは全てクリア。


前回と同様に歯茎を糸切り歯から糸切り歯ぐらいまでめくって骨を出し、骨を削って歯を抜く。最後に縫い合わせたら終了。

もちろん泣いたり、怖がって動いたりということはありませんでしたが、いつもよりちょっと痛くしてしまった瞬間があったような気がします💧。お子さん本人の頑張りに助けられた感がありますね。

外科と小児歯科について詳しく知りたい方はコチラ

👉歯をぬく外科
👉ケーコ歯科の小児歯科