名東区で歯医者をお探しならケーコ歯科へ

名東区で歯医者をお探しならケーコ歯科へ
名東区にある歯医者ケーコ歯科へ初めてご来院の方へ

入れ歯治療に関する考え

2016年12月27日

保険診療で入れ歯をどこまで追求できるか 〜患者さんと向き合うこと〜

院長先生の写真

当院では最初に保険の入れ歯を作製する事をオススメしています。
すると「なぜ自費の入れ歯じゃないの?」とご質問を頂くことがあります。
「保険適用の入れ歯治療にこだわっている」というわけではなく、まずは入れ歯を支える「噛み合わせ」を大切にしたいという思いからです。噛み合わせが不安定なまま、どんなに高機能で見た目のよい自費の入れ歯を作ったとても、噛みあわせがズレていては、同じことの繰り返しになってしまいます。
自費の入れ歯が悪いワケではもちろんありませんが、今の入れ歯の状態をキチンと診断し、その欠点を補った入れ歯を作製しなければなりません。修理のしやすい保険の入れ歯の方が都合がよいからなのです。

“何が一番患者さんにとって求められることか?”を考えた時、保険適用の入れ歯でまずは欠点を補いながら噛み合わせを追求するというところにたどり着きました。それこそが私の”されたくないことはしない、されたいことをする”ということなのです。

  • お子様の治療
  • なかなか治らない症状
  • 入れ歯・噛みあわせ
  • 清潔な医院のために
  • 症例BLOG
  • よくある質問
  • 採用情報
  • BLOG