歯医者なら名東区のケーコ歯科へ

当院の診療方針

医院理念ができた背景

もしも、患者さんが自分や大切な家族だったら…何を求められるだろう。されたくないことはしない。されたいことをする。

当院の原点は、「されたくないことはしない、されたいことをする」という思いです。
もしも患者さんが自分や自分の家族だったら…
とにかく話をしっかり聞いて欲しいと思うし、原因はなんなのか考えてほしい。
常に清潔な器具の安心できるところで治療をして欲しい。
損得抜きでベストな選択を正直に提案してほしい。

患者さんと向き合う姿勢、言葉遣い、気持ちよく過ごせる空間とは何か?
滅菌・消毒は?
そもそも歯医者ってなんなのか?
いつも原点を常に考えながら、患者様に向き合い診療にあたります!

当院の基本方針

患者さんのストーリーを聞く

患者さん1人1人の症状の原因を探るためには、まず症状にいたるまでの経過を把握する事。それは”患者さんのお話に耳を傾ける”という”問診”から始まります。
例えば”シミる”という症状1つにしても、なぜそれが起きるのか?
ストレスや歯ぎしりなどの理由で片付ける事は簡単ですが、そもそもそんなのは、ずっと前からあった筈。なぜ今までシミなかったのに、急にシミるようになったのか?
問診をすすめるうち「そういえば、前の歯医者で他の歯を治療してからかな?」「そういえば、4月に転勤してからかな?」…など、患者さんご自身では気づかない”契機”が見えてくるものです。

その契機から症状が現れるまでのストーリーを問診し、所見と照らし合わせる事で、理論的に診断しています。そのために患者さんが私達にスッと話せる信頼関係を構築することを大切にしています。

今までと違う診査・診断

虫歯や知覚過敏は病名ではありますが、それは単なる状態でしかなく、診断名ではありません。虫歯や知覚過敏になぜなったのかがわからなければ、同じ理由でまた虫歯や知覚過敏になってしまいます… 症状ありきで診断・治療するのではなく、その症状を引き起こした原因から治療していきます。所見から考えられる原因に対し仮説をたて、さらに様々な検査から仮説を立証し、診断するのです。

お口の中の写真・レントゲン・筋肉の状態・模型などを用いて原因に基づいた納得できる根拠をご説明いたします。
患者さんが納得ゆくまでご説明をいたしますので、一緒に治療計画を決めましょう。同意無しの無理な診療はしておりません。

  • お子様の治療
  • なかなか治らない症状
  • 入れ歯・噛みあわせ
  • 清潔な医院のために
  • 症例BLOG
  • よくある質問
  • 採用情報
  • BLOG