歯医者なら名東区のケーコ歯科へ

医療従事者の方へ

当院では医療従事者である方も安心して治療を受けられるよう、清潔な環境づくりを徹底しています。

滅菌・消毒は基本、2次感染の防止を徹底する

大切な人が患者さんの立場になったら、どんな場所で治療を受けたいか?
そう考えた時、滅菌・消毒を徹底した歯科を作ると決めました。

区域分けの概念

当院は、清潔区域を守り2次感染を徹底的に防止するため、①清潔区域 ②準不潔域 ③不潔域の動区域を設計段階から想定しています。昨今の歯科医院では主流の土足を禁止にしたのも、外来の汚染物を流入させない目的です。

診療区域を清潔区域とするため徹底した清潔区域にできるよう、①〜③の流れが混線しないように各区域を配置し、床を区域ごとに色分けする事でスタッフも常に清潔区域を意識させられる設計になっています。さらに診療に携わる全てのスタッフが同じ意識レベルで従事できるよう教育・指導(※)をしています。

グローブの取り外し

たとえば治療中にボールペンやカルテ、引き出しやドアの取っ手などをグローブのまま触っていたらどう思うでしょう?2次感染の防止は根底から覆ってしまいますよね。でも、残念ながら歯科ではいまだによくある光景であったりします。
このため当院ではグローブの取り外しを頻繁に行っています。実は診療区域は”素手で触る部分”と”グローブで触る部分”にあらかじめスタッフの間でルールを設けて分かれているのです。見た目は同じチェアーの操作パネルでも同様に分かれているため、取り外しを頻繁に行う事で2次感染の防止に努めています。

クラスBオートクレーブ

真空状態にして蒸気がいき渡るようにする工程を3回くり返すことによって従来の滅菌器では行き届かなかった細部まで滅菌することが出来ます。

ホルホープ

常温、常圧で、ホルマリンガスで消毒しています。ゴム製品、シリコン製品などオートクレーブ(高熱高圧滅菌器)では溶けてしまう物、こわれてしまう物の滅菌が可能になり滅菌をかけられるものが広がりました。

オゾン水

塩素系の消毒薬の10倍、アルコール消毒7倍の殺菌効果があり、水と酸素で出来ているので体にも優しく安全です。乾燥や高熱に弱いもの入れ歯、型どり後の洗浄、被せモノや詰めモノの消毒に使っています。

スタッフ教育・指導

専門の資格を持つスタッフが、日本医療器学会が提唱するガイドラインを元に、使用した器具を洗浄・消毒・滅菌する工程をシステム化し管理しております。

教育体勢について

歯科助手の濱崎です。
以前、私は他の歯科医院で仕事をしていましたが、滅菌・消毒について教わる事もなく、ルーチンワークを繰り返す毎日で、”医療従事者である”という自覚はありませんでした。
当院の院内勉強会で学びながら、実際に研修会や勉強会に参加することで、最新の滅菌・消毒の知識を学び、医療従事者としての自覚が芽生えました。さらに当院では学んだ知識を実践する環境があり、仕事のやりがいに繋がっていると感じています。
ただ、スタッフ1人だけの努力では滅菌・消毒が徹底された環境は成り立ちません滅菌・消毒の徹底は実現出来ません。
勉強会とミーティングを日々行い、全員がグローブの取り外しや清潔区域などの概念を、同じレベルで共有する事で滅菌・消毒の徹底を目指しています。

歯科助手・濱崎

チェアー配置 吸引効率を下げない、タービンの回転考慮

当院ではドイツのKaVo社製チェアーを使用していますが、そもそもチェアーによって何が違うのでしょうか?
実は歯を削る器具には2種類あります。エアーで回転させるタービンと、モーターで回転させるマイクロモーターです。歯をゆっくり丁寧に歯を削るためには、ゆっくり回転する器具を選ばないといけません。マイクロモーターはタービンに比べ、回転を遅くしても削る事ができるのですが、モーターの能力に大きく左右されます。
当院のチェアーは心臓部とも言うべきモーターの性能が抜群に良いため、マイクロモーターもゆっくりながらも強い力で回転でき、治療のレベルをさらに精密なものとしています。チェアーに座って頂ければ、非常に静かにゆっくりと動く、そのモーターの強さを実感できることでしょう。
また、歯を削る時には大量の水を使いますが、診療後の使い終わったチェアーにはホースの中に水がそのまま残ったままになります。つまり翌朝の診療には細菌の繁殖した水が出てくることになるのです。当院のチェアーでは、診療後に過酸化水素水を流して停滞させるシステムがあり、内部での細菌の繁殖を抑制しています。これも2次感染の防止に繋がっています。コップから出てくるお水についても、内部で過酸化水素水を希釈した上で、温かく精製し、冷たい水だとシミてしまう患者様にも配慮されたチェアーです。
歯を削った粉塵を吸引する時にエアー回路の効率を下げないよう、チェアを横1列に配置して診療室を設計しました。

  • お子様の治療
  • なかなか治らない症状
  • 入れ歯・噛みあわせ
  • 清潔な医院のために
  • 症例BLOG
  • よくある質問
  • 採用情報
  • BLOG