歯医者なら名東区のケーコ歯科へ

お子さまの歯科治療

子どもの歯の治療方針

できなくても大丈夫!
  • ×無理矢理行う診療
  • ×怒鳴る・怒る
  • 〇子どもの気持ちを大切に
  • 〇一緒にできるところからスタート

私達が大切にしていることは、「できなくてもいいんだ!」とお子様が自己肯定感をはぐくみながら、「できると喜んでくれる!」に成長してゆくことです。そうすることで歯医者が苦痛でなくなり、自立した治療に変わってゆくのです。
まずは1歩ずつ、短いトレーニングから。お子様の年齢・お口の状態に合わせ、できることからはじめましょう。子どもの歯は大人と比べて柔らかいため、本来は大人以上に慎重に治療を進める必要がありますが、本人の協力が必要。本人だけでなくご家族のご理解も大事です。
まずはお子様との信頼関係を作ることを大切にしています。

他の歯科ではダメだった…でもご安心下さい!

お子様の治療のために大切にしていること

1. 自己肯定感を育み、自立を促進 2. お子様との信頼関係を築く 3. 治療方針の選択

“歯医者さんは怖いところ”、”先生やママが怒るところ”というイメージのお子様もいることでしょう。
まずはお子様ができなくてもキチッと認めてあげる。その上でできたことを褒めてあげる。
お子様の気持ちを大切にし、親御さんとお子さんと私達で子どもにとって最適な方法を選
びながら治療を進めていきます。お母さんも安心してお子様の治療をお任せいただけるよ
うにスタッフ一同治取組んで参ります。

親御さんも一緒に安心してお子様に寄り添えるように、各診療スペースは広めに設計をしています。

親御さんから寄せられるお子様の歯の成長に関するお悩み

子どもが歯科を嫌がって行こうとしません。

まずは歯科がお子様が安心・安全の場所であるということを理解してもらうために、できることから少しずつスタートしていくことから始めましょう。当院では無理に押さえつけたり、怒鳴ったりする事はありません。親御さんの心配や不安もしっかりと汲みとった上でお子様にとって一番良い治療方法を決めていきましょう。

  • 子どもを怖がらせる /「ムシ歯になったら歯医者さんでもっと大変だよ!」という脅しはやめましょう。
  • イライラする /「なんで出来ないの」という親御さんのイライラは必ずお子様に伝わり、自身を失います。
  • 交換条件 /「キチンとやれたら○○買ってあげるから!」というご褒美制度も出来なかった時には、
    お子様にとって罰になってしまいます。
  • たくさん褒めてあげる / イスに座れた。歯医者さんと目を合わせた。
    少しの変化でもたくさん褒めてあげてください。自信に繋がります。
  • 保護者の方もリラックス / 親の緊張は子どもにも伝わってしまいます。
    疑問をぶつける事や実際の治療を見ることで安心感を得てください。
学校の歯科検診で要再検査と言われました。

学校からお手紙を頂いて「要注意乳歯あり」「虫歯あり」という記載がありましたら、お早めにご来院下さい。歯磨きが不十分であるという場合も正しい歯磨き方法からはじめて行きましょう。

子どもがまだ小さいのですが、寝転びながら歯ブラシを嫌がります。

子どもが仕上げみがきを嫌がる、イヤイヤ期で逃げ回る、泣きじゃくってそこまでしないといけないの…?あなただけでなく小さいお子さんがいる親御さんがお悩みになっていることです。 乳歯はいずれ抜けて生え変わるから…と安心はできません。当院では歯科衛生士が親御さんと一緒にお子さんを寝転ばせながら歯磨きをする際のコツや指導をしています。不安なこともお聞かせくださいね。

  • お子様の治療
  • なかなか治らない症状
  • 入れ歯・噛みあわせ
  • 清潔な医院のために
  • 症例BLOG
  • よくある質問
  • 採用情報
  • BLOG