歯医者なら名東区のケーコ歯科へ

入れ歯・噛み合わせ

噛みあわせのズレによっておきる様々な問題

歯を意識しないで噛める・笑える・話せる、基本を大切に

当院では生活の基本である「噛める・話せる・飲み込める」という3つを大切にしています。
このためには噛みあわせを安定した状態にすることがとても大事です。たった0.1mmでも噛みあわせがズレれば、様々な症状を招きます。
診断から噛み合わせの影響が疑われた場合には、患者さんのご要望をかなえられるよう、まずは噛みあわせを安定させ、その上で患者さんのご要望に合わせて治療方法を相談しています。

入れ歯治療に関する考え

保険診療で入れ歯をどこまで追求できるか 〜患者さんと向き合うこと〜

当院では最初に保険の入れ歯を作製する事をオススメしています。
でも「なぜ自費の入れ歯じゃないの?」とご質問を頂くことがあります。
「保険適用の入れ歯治療にこだわっている」というわけではなく、まずは入れ歯を支える「噛み合わせ」を大切にしたい。噛み合わせが不安定なまま、どんなに高機能で見た目のよい自費の入れ歯を作ったとても、噛みあわせがズレていては、同じことの繰り返しになってしまいます。
自費の入れ歯が悪いワケではもちろんありませんが、今の入れ歯の状態をキチンと診断し、その欠点を補った入れ歯を作製しなければなりません。修理のしやすい保険の入れ歯の方が都合がよいからなのです。

“何が一番患者さんにとって求められることか?”を考えた時、保険適用の入れ歯でまずは欠点を補いながら噛み合わせを追求するというところにたどり着きました。それこそが私の”されたくないことはしない、されたいことをする”ということなのです。

噛みあわせ・入れ歯に関するご相談事例

下記の症状以外にも気になることがあればご相談下さい。

  • ・何度調整しても入れ歯が痛い
  • ・引っ張られる感じがする
  • ・今の年齢で入れ歯は恥ずかしい
  • ・気持ち悪くてつけていられない
  • ・喋れない
  • お子様の治療
  • なかなか治らない症状
  • 入れ歯・噛みあわせ
  • 清潔な医院のために
  • 症例BLOG
  • よくある質問
  • 採用情報
  • BLOG